GLINT

RICHARD MILLE
RM 11-03
Carbon TPT® × Quartz TPT®

¥24,310,000 (税込)
SOLD OUT

最先端の素材を最新の技術で仕上げ、「時計のF1」というコンセプトを掲げるリシャール・ミル。中でもRM011はブランドの中でも最大のケースサイズで、圧倒的な存在感と相反する抜群の装着性から人気コレクションの1つです。リシャール・ミルのアンバサダーでもあるF1レーサー フェリペ・マッサ選手が実際に着用し、過酷な状況下の振動や衝撃にも耐え得るパフォーマンスを示すほどの優れたモデルとなっております。

SOLD OUT

SKU: RM0086 Categories ,

RM 11-03 Automatic Winding Flyback Chronograph

型番:RM11-03 CA TPT
ケース:カーボンTPT
風防:サファイアクリスタル
ケースサイズ:49.94mm × 44.50mm ケース厚:16.15mm
文字盤:スケルトン
ムーブメント:自動巻きムーブメント(RMAC3) パワーリザーブ約55時間、可変慣性フリースプラングテンプ、ダブルバレルシステム
仕様:時・分・秒表示、アニュアルカレンダー、フライバッククロノグラフ
ストラップ:ブラックラバーベルト
防水性:50m防水
付属品:専用ケース 保証書(2020年2月)

新品(商品ランク:N)

保証:2年保証

こちらは不滅の人気を誇るRM011シリーズの後継機種となるRM11-03です。オートオルロジュリーの世界でも他に類を見ない、人間工学に基づいて仕上げられたトノー型ケース素材にはカーボンTPTと呼ばれる独創的な素材を使用。カーボンTPTとはカーボンファイバーから分離した繊維を並列に配した後、そこから約45度の角度をつけてカーボン繊維の横糸を織り込んだ繊維層を重ねて、鍛造カーボンと同様に6バールの加圧と、約120℃の熱処理を加えたもの。これを時計のケースとして成型し、切削加工を施すと、カーボンの繊維層が表面に現れ、ある程度の規則性を持ったカーボンが切削されることで、ダマスカス鋼(木目状の模様を特徴とする鋼)に似た目が現れます。こちらの素材はランダムに層の模様が現れるため、一つとして同じ模様は無く、所有者にとっては全てがオンリー1となる特別感の高い素材です。そしてRMAC3オートマティックキャリバーには、抜群の精度を保証する為の技術が網羅されています。フライバッククロノグラフのムーブメントは、輪列のスムーズな作動に不可欠な高い剛性を確保する為、チタン(グレード5)製の地板とブリッジを使った設計。並列のダブルバレルは、約55時間のパワーリザーブを確保する一方、安定したトルクを供給し、振動数28,800(4Hz)のフリースプラング・テンプは、衝撃に強く従来のバランスホイールと比べてより正確に調整する事が可能です。シースルーバックからはキャリバーのメカニズム全体をご覧いただけます。リューズは、レーシングカーの車輪リムとタイヤ・トレッドからヒントを得たデザインで、カーレースに因んだアイディアが随所に感じさせてくれる仕上がりに。アニュアルカレンダーにオーバーサイズデイト表示と実用性にも富んだリシャールミルらしさを醸し出してくれるタイムピースです。

希少性や人気の高さから正規店では入手困難なRM11-03CAを入荷いたしました。生産終了が決定した為、今後入手が困難になります。現物のご確認も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お買い物カゴ