GLINT

PATEK PHILIPPE
NAUTILUS
5711/1A-018

Patek Philippe x Tiffany & Co.
SOLD OUT

1976年に数々の名作を生み出した世界的時計デザイナー、ジェラルド・ジェンタ氏が手掛けて登場して以来、パテックフィリップの代表格として不動の人気を誇るノーチラスコレクション。丸みを帯びた八角形のベゼル、船の舷窓からインスピレーションを得たケース、水平エンボス文字盤により、スポーツエレガンスを象徴するモデルとして世界的に絶大な支持と高い評価を得ております。

SKU: pp0249 Categories ,

NAUTILUS 5711/1A-018

型番:5711/1A-018
ケース:ステンレススチール
風防:サファイヤクリスタル
ケースサイズ(10-4時方向):40.0mm ケース厚:8.3mm
文字盤:水平エンボス模様のティファニーブルー、夜光付ゴールド植字インデックス
ムーブメント:自動巻き キャリバー26-330 S C、毎時振動数:28,800 (4 Hz)、連続駆動可能時間:最小35時間、最大45時間、石数:30石、部品総数:212個、認定刻印:パテック フィリップ・シール
仕様:時・分・秒表示、シースルーバック、日付を窓表示、ねじ込み式リュウズ、センターセコンド
防水性:12気圧防水
ブレスレット:ノーチラス折り畳み式バックル付ステンレススチール・ブレスレット
メーカー付属品:専用ケース 保証書(2022年6月) 限定証明書 取扱説明書 冊子

新品(商品ランク:N)

保証:2年保証

こちらはパテックフィリップ ノーチラス ティファニーブルー 170周年記念モデルです。パテック フィリップは、ティファニーとの提携170年記念を祝い、有名なティファニーブルーと両社のブランドネームを文字盤に携えたノーチラスの限定モデルを2021年12月6日に発表。これまでに数々のダブルネームのモデルが登場しましたが、文字盤にティファニーブルーが採用されたのは今回が初となります。ティファニーのブランドカラー(コーポレートカラー)でもあり、誰もが一目見ればそれと認識する”ティファニーブルー”という色は、「ロビンズエッグブルー」とも呼ばれるコマドリの卵の鮮やかな青色に由来。コマドリはイギリスの国鳥で、春を告げ、幸せを運ぶ鳥と言われていて、ティファニーブルーは幸せと品格を暗示します。170周年に伴い、170本のみ限定生産されたこちらのモデルはティファニーのニューヨーク本店、ビバリーヒルズ、サンフランシスコのブティックでのみ販売されました。ノーチラスのシグネチャー要素であるタペストリーレリーフ(エンボス加工)を備えたダイヤルの読みやすさは、黒く塗られたホワイトゴールド製のバトン型アワーマーカーとバトンアワーハンドおよびミニッツハンドによって増幅され、すべてに夜光や塗布されています。ケースの目立つデザイン、ベゼル、および一体型スティールブレスレットは、完成までに55の生産ステップを必要とするプロセスを手作業で行い、サテン仕上げと研磨リンクの洗練されたシーケンスによって強調されています。堅牢なケースは120メートルの防水性です。ムーブメントにはシリコン製スピロマックスヒゲゼンマイを備えた、センターローターの自動巻キャリバー 26-330 S Cが搭載。キャリバー324 S Cから派生したこの新しいムーブメントは、特に巻き上げシステムに関し、多くの技術革新と最適化された機能を備え、1秒単位の正確さで時刻合わせのできるストップセコンド機能も特徴となっております。そして、サファイアクリスタル製ケースバックには、「“170th Anniversary 1851-2021 Tiffany & Co. – Patek Philippe”」という記念の表記。2021年の数字「1」をよく見てみると、 “LVMH”の文字が縦に並んでいることが分かります。これは、ティファニー社と共有した170年のビジョンと、パテックフィリップとアメリカ合衆国を結ぶ歴史的な結びつきに敬意を表していると言えるでしょう。シンプルながらもエレガントでラグジュアリーな印象を与えてくれるノーチラス。名実ともに世界最高の高級時計ブランドが誇る極上のタイムピースです。

2021年12月11日(土)にオークションハウス・フィリップス(Phillips)で6,503,500ドル(当時のレートで約7億3489万5500円、1ドル=113.4円)もの破格の値段で落札された事で大注目を浴びた超希少な5711/1A-018を入荷いたしました。コレクターにはとてもたまらない特別な逸品といっても過言ではありません。

お買い物カゴ
上部へスクロール