GLINT

HERMES
SAC BIRKIN 30
VEAU CRISPE TOGO

¥1,452,000 (税込)
SOLD OUT

エルメスが革を買い付けるタンナーは、フランスのデュプイ社やアノネイ社などの超一流とされております。その超一流が扱う革の中でも数パーセントしか存在しない最上級にして最高級の革だけが、エルメスの革製品に使用されるため、世界でもっとも優れた革はエルメスが独占していると言っても過言ではございません。その選び抜かれた革を贅沢に使った「バーキン」の製作は、熟練の職人が最初から仕上げの工程までを一人で担当し、完成されたバッグには製作を担当した職人を示すIDが入るのです。その「バーキン」が特別である所以は、エルメスの選ばれし上顧客だけが特別に入手できるという希少性とステータス性の高さゆえ、未使用の新品、中古品ともに高い人気を誇ります。

SOLD OUT

SKU: HM0022 カテゴリー

Hermes SAC Birkin 30 Veau Crispe Togo

カラー:エタン(8F)
サイズ:横30cm×縦22cm×奥行16cm (約)
素材:トゴ
金具:シルバー カデナ付き
仕様:ベルト&ターンロック式開閉 ファスナー付きポケット×1 ポケット×1
刻印:Z刻印( 2021年モデル )
メーカー付属品:外箱、保存袋、カデナ、クロシェット、レインカバー
新品(商品ランク:N)

1997年に発表された雄の子牛革を使用したトゴは現在では最もポピュラーであり、エルメスの定番とも言えます。正式名称をヴォー・クリスペ・トゴと言い、 深めの斑と血管の筋が出ているものもありますが、皮の風合いをそのままの状態で使用しているため、天然素材の個体差を楽しむことができます。そのトゴは適度な柔らかさがあり、エキゾチックレザーに比べて摩擦に強く、大変扱いやすい素材として定評があり、デイリーに使用されている方も多い素材です。そして、カラーはエルメス2011秋冬コレクションで発表された「Etain」。ネーミングは「スズ」を意味するフランス語が由来し、エルメスで人気が高いエトゥープよりもワントーン落ち着いたイメージのグレーです。エタンの大きな特徴は、周囲の光や色によって、多彩にムードが変わることです。明るい光の中では、銀色に近いライトグレー。室内光など穏やかな光の中では、普段より濃度の高い、落ち着いたグレーに見えます。

お買い物カゴ