ロレックス・デイトナコンビのアフターダイヤ加工を取り扱うグリント(Glint)

  • グリントのフェイスブック(新着情報など

を掲載しております。)
  • グリントのツイッター(新着情報などを掲載しております。)
  • グリントのブログ(新着情報などを掲載しております。)
  • グリントの公式LINE @glintでID検索またはQRコード、友だち追加

よりご登録下さい。
  • グリントのインスタグラム(新着情報などを掲載しております。)
  • グリントのインスタグラム(新着情報などを掲載しております。)
グリント|電話番号03-5953-3076 営業時間10:00〜20:00 定休日:月曜日
ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)
  • ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)
  • ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)
  • ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)
  • ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)
  • ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)
  • ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)
  • ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)
  • ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)
  • ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)
  • ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)
  • ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)
  • ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)ロレックスデイトナ8Pアフターダイヤ(ホワイトダイヤモンド)

ROLEX Dytona After Diamond White Diamonds

ロレックス デイトナコンビ アフターホワイトダイヤモンド(8Pホワイトダイヤモンド)

20世紀初頭、まだ腕時計が誕生して間もない頃に創業し、以後100年以上も腕時計とともに歩み続け、飛躍的な進化を遂げていったロレックス。

1905年、イギリス・ロンドンにブランドの前身となる「ウイルスドルフ・アンド・デイビス社」を設立したことから、ロレックスの歴史は始まる。創業者のハンス・ウイルスドルフは、当時まだ懐中時計が主流だった時代に、腕時計に先見の明を感じ取った天才的な実業家であった。1907年には本格的な時計製造に着手するため、早くも事務所機能をスイスに移転。その翌年には、ブランド名「ROLEX」を考案し、商標登録を行っている。 1910年には腕時計としては初の、公的精度検定であるクロノメーターの公式証明書を獲得し、ロレックス製品の高精度を証づけた。1926年には、完全防水・防塵構造のケース「オイスター」を発明し、常に水や埃にさらされている腕時計の弱点を克服。その後も、錘(おもり)の回転で駆動ゼンマイを巻き上げる自動巻きシステム「パーペチュアル」や、3時位置にデジタルディスプレイを設け、午前零時になると自動的に日付が切り替わる「デイトジャスト」を開発。ロレックスが腕時計の進化に果たした役割は、あまりに大きいといえる。

そのロレックスの中でも一番人気のデイトナ。グリントでは、デイトナをよりラグジュアリーに…より魅力的に…その為に極上なアフターダイヤモンド加工を行っております。その為にグリントでは下記の様な拘りを持ったセッティングを行っております。

品質を徹底的に追求

ホワイトダイヤモンドの質は【S】【A】【B】と段階毎に設定しています。

最高級ダイヤモンドVSクラスでのセッティングとなります。

アフターダイヤモンドとして上質なSIクラスのダイヤモンドでのセッティングとなります。

アフターダイヤモンドとして一般的に使用されるIクラスでのセッティングとなります。

上記画像は【S】ランク(純正品同等以上のダイヤモンドを使用)での加工例となります。

妥協を許さない高度な技術を追求

熟練した職人でしか行えないパヴェセッティングによる技法を使ったアフターダイヤモンドを施しています。

パヴェセッティングとは、パヴェはフランス語で「石畳」「敷石」という意味を持ち、表面に複数の小さなダイヤモンドを隙間なく敷き詰めたセッティングのことをいいます。

パヴェセッティングでは、表面に同サイズのダイヤモンドが互いに触れないように、できる限り詰めて並べられます。その際に、精密なカットが施されているダイヤモンドを使用すると、仕上がりがよりいっそう美しく見栄えの良いものになります。グリントではダイヤモンドの質。熟練した職人。価格。これら全てに妥協を許さないパヴェセッティングを行い、高級感を漂わせる魅力ある商品を提供させて頂きます。また、最終工程にてダイヤモンドのくすみ、透明度、爪の形・磨き残しなど様々な内容の確認を行い、お客様のお手元にお届け致します。

妥協しない価格

ロレックスのアフターダイヤモンドを行う業者は沢山御座います。加工方法や料金も様々です。グリントでは、「正規メンテナンスやリセール時に元に戻したい」との要望にお応えする為、元の状態に戻せるように文字盤を作成しダイヤモンドをお留めしております。文字盤製作を行い高品質のダイヤモンドを使用し、尚且つ技術の要するパヴェセッティングを行うと加工料金は高額となりますが、グリントでは破格の金額でご提案致します。また、ベゼルやケース、ラグにダイヤモンドをセッティング。ダイヤモンド以外の宝石でのセッティングも可能です。ご希望が御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。上記画像はホワイトシェル文字盤にアフターセッティングを行った例です。文字盤の種類や色などの変更も可能となります。※製作する文字盤により料金が前後致します。

メンテナンス

グリントでアフターダイヤモンド加工を行った商品のメンテナンスもお任せ下さい。

正規店でのメンテンナンスを入れたり、売却する際には文字盤を変更して元の状態に戻す事も可能となります。

価格:150,000円〜(税込) ダイヤモンド鑑別書(別費3,240円)オーダーシートにて選択して下さい。

ロレックスの純正ダイヤモンドの商品は高額となりますが、アフターダイヤモンドにする事で大変お求め安い価格になります。グリントで行うアフターダイヤモンドの品質は留め方、ダイヤモンドの質、共に純正品同等のものとなります。余裕があれば純正品の購入が一番とは思いますが、購入するには高いハードルで大変困難な事です。アフターダイヤモンドの良さは価格も重要な要素ですが、ご自身が愛情を注ぎ一緒に過ごす幸せの時間を大切にする事が本当の価値ではないでしょうか?是非、グリントのアフターダイヤモンド加工にご興味を抱き、ご検討頂ければ幸いです。

この商品オーダーする